グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利(灰色金利)とは、利息制限法に定められている上限金利を越えているけれど、出資法に定められている上限金利には満たない金利のことを言います。利息の契約は、超過部分は無効とされています。 消費者金融(サラ金)業者の多くは、このグレーゾーン金利でお金を貸しています。貸金業者であれば、かなり容易にグレーゾーン金利による利息を受けることができるからです。このようなグレーゾーン金利を発生させる貸金業の統制を図るために意味で、面があります。貸金業者に対し、監督官庁による厳しい規制というムチと、その代償として、グレーゾーン金利による利息を受け易くするというアメの役割を、それぞれいるといえるからです。 ☆グレーゾーン金利 具体的なグレーゾーン金利は、利息制限法の上限が、元本によって変わるので次のようになります。

元本が十万円未満の場合 (年20%-年29.2%) 
元本が十万円以上百万円未満の場合(年18%-年29.2%) 
元本が百万円以上の場合 (年15%-年29.2%)

借入の期間が5年以上で、18%を越す金利を請求されている場合は、過払い金が生じている可能性が高いと言えそうです。返済しすぎた金利は返金させることが可能です。

平成21年に結論が出された裁判が後押しとなり、過払い金を取り返すための返還請求が、借金をした人の「適正な権利」だとして、社会に広まることになったのです。
いくら頑張っても返済ができない状況なら、借金を苦に人生そのものを放棄する前に、自己破産手続きを選択し、もう一回初めからやった方が得策でしょう。
過払い金と言いますのは、クレジット会社だったり消費者金融、その他デパートのカード発行者といった貸金業者が、利息制限法の上限枠を超過して集めていた利息のことを指します。
自己破産、もしくは債務整理に助けを求めるかどうか躊躇している貴方達へ。多様な借金解決の仕方があるわけです。それぞれの利点と弱点を認識して、自分にハマる解決方法を選んで、新たなスタートを切ってください。
法律事務所などに申し込んだ過払い金返還請求が元で、ここ数年で数多くの業者が倒産の憂き目にあい、国内の消費者金融会社は間違いなく低減しています。


グレーゾーン金利をdel.icio.usに追加する グレーゾーン金利をニフティクリップに追加 グレーゾーン金利をLivedoor クリップに追加 グレーゾーン金利をFC2ブックマークに追加 グレーゾーン金利をはてなブックマークする グレーゾーン金利を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加