特定調停とは


民事調停手続の一種であり、特定債務者の経済的再生に資するためになされる、特定債務者及びその債権者やその他の利害関係人の間における利害関係の調整に係る民事調停であって、当該調停の申立ての際に特定調停手続により調停を行うことを求める旨の申述があったものをいいます。
「この法律は、支払不能に陥るおそれのある債務者等の経済的再生に資するため、民事調停法の特例として特定調停の手続きを定めることにより、このような債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を促進することを目的とする」 つまり、借金を多額に背負った人の経済的な再生をはかるため、支払いを容易に出来るように契約内容、支払い方法等を組み直すということです。 支払不能のおそれがある場合に、調停手続は相手方の住所地の管轄の簡易裁判所に申立てします。 調停はあくまでも、譲り合いの精神に基づいた話合いの場ですから、法廷に立つことも無く、調停室という小さな会議室のような場所で行われます。譲り合いとは言え、あくまでも手続が利息制限法に沿って行われることは言うまでもありません。
続きを読む
wメール相談{

~借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士