任意整理のメリット・デメリット

ここでは他の手続きに比べて、任意整理を取ることのメリットデとメリットを見ていきたいと思います。
<メリット>
1、裁判所が介入しないので、住民票や戸籍謄本、給料明細などの提出書類を集める必要がないので手続きが楽といえます。
2、破産、民事再生のように公権的な債務処理ではないので、一部の債権者を除外することが出来ます。例えば保証人がついていて、任意整理をすることにより、その保証人に迷惑をかけることが出来ない、車をローンで購入したが、仕事でどうしても必要なので、手放すわけには行かないといった事情がある場合、任意整理は有効な手続と言えるでしょう。
3、破産のような公私の資格制限を一切受けません。
<デメリット>
1、任意整理では元金自体のカットにはならないので、毎月の支払額は民事再生ほど減額されま せん。毎月一定額の返済原資が捻出出来ないようですと、任意整理は難しいでしょう。
2、他の債務整理でも同様ですが、個人信用情報機関に登録されますので、今後7年間は借り入れ等が出来ません。もっとも、入ってきた収入の範囲で支出をするというのが一番健全ですので、この点をデメリットと考えるのもどうかと思いますが。
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士