借金取立ての規制
貸金業者の取立て行為で記憶に新しいのが、商工ローン・日栄の「腎臓売れ!目玉売れ!」の事件でしょう。当時の日栄男性社員は、恐喝その他で逮捕されてしまいました。ところが、いまだに貸金業者は、入金が遅れると、かなり厳しい請求を携帯、自宅、職場、果ては実家にまでしている、ということを耳にします。貸金業者には、どこまでの請求が許されていて、どういった請求が禁止されているのでしょうか? 本来、貸金業者は「金融監督庁 事務ガイドライン」や「貸金業規制法第21条」によって、その取立て行為を規制されています。以下は、その規制の内容を列挙したものです。
金融監督庁 事務ガイドライン3−2−2 取立て行為の規制
(1)貸金業者または取立てを頼まれた人は、借主または保証人を怖がらせ、不安にさせるような次のことはしてはならない。
@暴力的な態度をとること。
A大声を上げたり、乱暴な言葉を使ったりすること。
B多人数(3名以上)で押しかけること。
続き
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士