利息計算の具体例
ここでは実際の消費者金融の取引では業者の約定での残高と利息制限法で計算し直した残高にどのような差がでていくかを見ていきましょう。例えば利息制限法の上限年利18%と出資法の上限年利29,2%では11,2%、具体的には以下のような差が出てきます。
【29.2%の場合】
@平成14年1月1日 500,000円借入
A平成14年2月1日 15,000円返済(31日間)
利息 12,399円/元金入金 2,601円/元金残高 497,399円
B平成14年3月1日 15,000円返済(28日間)
利息 11,141円/元金入金 3,859円/元金残高 493,540円
C平成14年4月1日 15,000.円返済(31日間)
利息 12,239円/元金入金 2,761円/元金残高 490,779円
D平成14年5月1日 15,000円返済(30日間)
利息 11,778円/元金入金 3,222円/元金残高 487,557円
E平成14年6月1日 15,000円返済(31日間)
利息 12,091円/元金入金 2,909円/元金残高 484,648円
F平成14年7月1日 15,000円返済(30日間)
利息 11,631円/元金入金 3,369円/元金残高 481,279円
続き
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士