支払いを楽にする利息制限法とは

利息とは簡単に言えばお金を借りたことに対するお礼です。お金を貸した人はその借りた人に融資をせず、そのお金を他の事に運用することにより、利益を得ることが可能だったわけであり、そのような利益を放棄して貸したということに対するお礼(報酬)を借主が貸主に対して、支払うのは道義的にも当然と言えるでしょう。そしてかかる利息の利率をいくらにするかは貸主と借主の両者が納得している以上、いくらに設定することも自由に設定できるのが原則です。この当事者の意思を尊重するという考え方を法律上、私的自治といいます。 しかしかかる私的自治も無制限に認められるというわけではありません。貸し手と借り手には経済力、交渉力において絶対的な差があるので、お金を必要とする弱い立場の借主の窮状に乗じて貸主がいくらでも高い利息をとるということが考えられます。実際そのような金融業者による高金利の貸付が社会問題にもなりました。そこで利息制限法という借主保護の法律が制定され、貸し手側が年間で取れる利息の上限が決められました。
続き
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士