民事再生の弁済基準

ここでは民事再生が認可された場合に今後、いくらの額を払っていくかについて、ご説明します。まず、原則としては借金の総額がいくらであるかによります。 この借金の総額は大きく4つのレベルに分かれます。 まず借金の総額が@100万円未満の場合は総額を支払わなければいけません。 例えば借金の総額が80万円の場合は同じく80万円を返済しないといけないので、わざわざ面倒な民事再生の手続きを進める必要はないといえます。 次に借金の総額がA100万円以上500万円未満の場合は一律100万円まで借金の総額が減ります。例えば借金が300万円の場合は100万円まで落ちます。 次に借金の総額がB500万円以上1500円未満の場合は借金の額の5分の1になります。例えば借金の総額が1000万円でしたら、200万に借金が圧縮されるということです。 最後のレベルとして1500万円以上の借金の場合は一律300万円まで借金が圧縮されます。 原則はこのとおりですが、ここまで圧縮されない場合もあります。
続き
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士