民事再生の申立要件

民事再生の申立には一定の要件が課されています。
1、近い将来、支払い不能になるおそれがあること
民事再生が認可されると借金の総額が大幅に減額されますので、近い将来、支払不能のおそれがあることが要件となります。破産手続きのように支払不能に完全になっている必要はなく、今現在、完全に支払不能になっていなくても、近い将来支払不能になるおそれがあるような借金額、生活状況になっていればOKです。
2、将来において継続的にまたは反復して収入が見込めること
民事再生が破産手続きと根本的に違う点は破産では借金の一切の支払い義務がなくなるのに対して、民事再生では今後も分割で払っていくので、毎月一定の収入があるのは当然の要件といえるでしょう。
3、再生債権の総額が3000万円を超えないこと
この3000万円には住宅ローンの全額と抵当権等の別除権で回収が見込まれる債権は含まれません。住宅ローンが含まれなければ、個人の場合、ほとんどの方がこの3000万円以下の負債という要件を満たすかと思います
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ 債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士