民事再生とは

債務整理の方向性の項で説明していますが、今までは任意整理で払っていけない場合は、破産するしかないという考え方が一般的でした。破産は自分の借金も全部なくなる代わりに自分の財産も全部なくなるので、マイホームやローンの終わった車をどうしても残したいという方には不向きでした。 そこでかかる矛盾を是正するために立法化されたのが、個人版民事再生手続きです。かかる手続きの場合、自己の財産は全てそのまま、残すことが出来ます。また、任意整理では利息制限法で計算し直すことにより、残高は減りますが、それでも元金自体のカットというのは、一括金でもない限り無理でした。例えば700万円の負債が利息制限法で計算し直した場合、500万になったとしても、少なくとも500万円の元金はまるまる返していかなければならないということです。業者が応じる任意整理による分割和解が3年から長くて5年ですので、毎月の支払いとして10万くらい返済する余力がない場合は破産するしかなかったということです。
続き
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

借金相談[無料]TOPへ
債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士