過払い金返還請求

>>過払い金>>返還請求方法

過払請求とは貸金業者に対して支払いすぎた金利を返還請求する事を言います。 貸金業者は年利で29.2%を上限に貸付る事が出来ますが、受領出来る金利は年15〜20%に制限されています。 この隙間の部分が一般的にグレーゾーン金利と呼ばれていて、今回ご紹介する過払い請求の範囲となります。 さて、何故このようなグレーゾーンなどと言うものが出来てしまうのでしょう? 多くの消費者金融等では出資法(29.2%)ギリギリでの貸付を行っております。しかし利息制限法では
過払い金,返還請求上のように15%〜20%までしか認められていません。すなわちこれを超えた金利については支払う義務が無いと言う事になります。
過払金の有無や金額を算定するためには、利息制限法に基づく引き直し計算をする必要があります。そして、利息制限法に基づく引き直し計算をするためには、サラ金との間の全ての取引を把握する必要があります。
借主が借入と返済についての全ての資料を持っている場合には、この資料に基づいて利息制限法に基づく引き直し計算をすることができます。しかし、借主がサラ金との間の資料を紛失している場合には、サラ金から全取引履歴を取り寄せる必要があります。
サラ金には借主や借主の依頼した弁護士から全取引履歴を開示するよう求められた場合これに応じる義務があります、 サラ金がこの義務に従い全取引履歴を開示してきた場合には、全取引について利息制限法に基づく引き直し計算を行って過払金額を算定しますが、サラ金は全取引履歴を開示しないことがあります。特に過払いになっている場合には開示しない場合がよくあります。まして、弁護士ではなく借主本人が開示請求した場合には、この傾向はいっそう顕著です。

~
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

ヨ 借金相談[無料]
債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士