利息制限法による例

>>過払い金>>利息制限法による例

例えば、サラ金から100万円を金利年25%で借りて、1年後に25万円を返したとします。
サラ金側の計算からすると、返した25万円は利息分の25万円の支払いにあてられる結果、1年後も借りた元本100万円はそっくりそのまま残っていることになります。
これに対して、利息制限法に基づく引き直し計算をすると、利息制限法の上限金利は100万円以上を借りた場合には年15%ですから、1年後の借金は、元本100万円+利息分15万円の合計115万円です。このため25万円を返すと、15万円が利息の支払いに、残り10万円が元本の支払いにあてられて借金の残額は90万円ということになります。
この場合、利息制限法に基づく引き直し計算で借金が10万円減るのです。
このように利息制限法の上限金利を超える利息の支払いについて、超える部分を元本に充当することにより借金を減らす計算を利息制限法に基づく引き直し計算といいます。
このような計算を借主とサラ金との取引全てについて行うことにより、借金の元本がなくなり、払い過ぎになっている場合が出てくるのです。

~
||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応

ヨ 借金相談[無料]
債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士