破産の噂を解明


無料相談>>自己破産>>

世には破産に対するいろんな先入観があり、それは決して好ましいものではないと思います。 実際、相談者の方とお話をしていても、以下のような質問を受けることがとても多いのです。
質問@ 破産をすると、戸籍・住民票に載るというが本当か。
回答
どこの誰がいい始めたのかは知りませんが真っ赤な嘘です。
質問A 破産をすると、家財道具を持っていかれてしまうというのは本当か。
回答
冷蔵庫・洗濯機・テレビ・ビデオ等の生活必需品は差押え禁止物件に当たる為、破産財団に含まれないものに当ります。破産は言わばリセットの為の手続ですから、本質的にこれからの生活を阻害する、家財道具の没収のような行為はあり得ません。
質問B 破産をすると、給料が差押さえになるというのは本当か。
回答
無いとは言い切れませんが、既に「判決」や「公正証書」を取られているというのでなければ、可能性としてはかなり低いと考えてもいいかと思います。 というのも、差押えをするには貸主が債務名義といって、前述の判決・公正証書の他、仮執行宣言付き支払督促・和解調書・調停調書・公正証書がないと差押えができないのです。 例えば判決を取得するには、最短でも4ヵ月程度の期間がかかります。それに対し、破産免責手続きは3ヶ月から半年くらいで終了してしまいます。貸主にもよりますが、差押えできるかどうか分からない案件に対し、人件費や経費をかける会社はそれほど多くはありません。
続き

||ご相談はこちら||
受付時間 9時〜22時
03-6273-1093


無料・24時間対応


wメール相談{
債務整理/借金返済/弁護士会/借金の相談/法律相談/弁護士相談/債務整理相談/司法書士相談/借金相談/法律相談/司法書士