グレーゾーン金利について

グレーゾーン金利(灰色金利)とは、利息制限法に定められている上限金利を越えているけれど、出資法に定められている上限金利には満たない金利のことを言います。利息の契約は、超過部分は無効とされています。 消費者金融(サラ金)業者の多くは、このグレーゾーン金利でお金を貸しています。貸金業者であれば、かなり容易にグレーゾーン金利による利息を受けることができるからです。このようなグレーゾーン金利を発生させる貸金業の統制を図るために意味で、面があります。貸金業者に対し、監督官庁による厳しい規制というムチと、その代償として、グレーゾーン金利による利息を受け易くするというアメの役割を、それぞれいるといえるからです。 ☆グレーゾーン金利 具体的なグレーゾーン金利は、利息制限法の上限が、元本によって変わるので次のようになります。

元本が十万円未満の場合 (年20%-年29.2%) 
元本が十万円以上百万円未満の場合(年18%-年29.2%) 
元本が百万円以上の場合 (年15%-年29.2%)


グレーゾーン金利をdel.icio.usに追加する グレーゾーン金利をニフティクリップに追加 グレーゾーン金利をLivedoor クリップに追加 グレーゾーン金利をFC2ブックマークに追加 グレーゾーン金利をはてなブックマークする グレーゾーン金利を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加