個人民事再生

小規模個人再生は、典型的には歩合制の労働者を想定した制度です。民事再生手続は、主に法人を念頭に置いているので手続が大変です。
再生手続を簡素化・合理化した小規模個人再生手続がけられています。

将来において継続的または反復して収入を得る見込みがあり、かつ住宅ローンを除く借金が5000万円を超えないことが条件になります。
住宅ローンを除くのは、多額な住宅ローンを抱える債務者にも、この手続が利用を可能にするためです。 再生計画の返済方法は、
①原則3年間(最長5年となっていますが、特別な事情がないかぎり認められることは困難です) 
②3ヶ月に割合で分割返済することとされています。

債権者に平等な返済方法でなければなりません。 原則として3年間で①*最低弁済額か②*自己破産した場合に債権者に配当されるであろう金額(清算価値)のどちらか多い金額を最低限支払う必要があります。
清算価値が弁済額の基準となっているのは、債権者にとって、破産した場合より弁済額が下回るのでは民事再生手続に協力する理由はないからです。
再生計画案は、債権者数の半数以上の同意、かつ、債権総額の1/2を超える同意が必要になります。


個人民事再生をdel.icio.usに追加する 個人民事再生をニフティクリップに追加 個人民事再生をLivedoor クリップに追加 個人民事再生をFC2ブックマークに追加 個人民事再生をはてなブックマークする 個人民事再生を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加